花粉症の原因と増える時期、種類・症状まとめ

春になうと多くの人が頭を抱える花粉症は、今や日本人の4人に1人がかかっているアレルギーと考えられています。
特にスギやヒノキの花粉をアレルゲンとする花粉症は、くしゃみ、鼻水などの症状が出る病ですが、実態を詳細に知る人は思ったほどいないのではないでしょうか。

 

季節性アレルギー性鼻炎


花粉症の原因となる植物は、日本の中だけでも60種類もあると考えられています。スギやヒノキ、ブタクサ、シラカンバなどが一般的で、イネなどにアレルギー症状が出る人もいます。
春だけでなく、アレルゲンの原因となる植物の花粉が飛び散る季節により、1年中症状が出ることもあるのです。
一般的な症状ではくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどですが、症状の重さや種類は人それぞれです。
国民病と言ってもおかしくない花粉症は、一番被害が多い春のスギ花粉などの飛び散る量が天気予報で共に報じられるまでになりました。
人によりますが、花粉の季節が来る前に注射などを打って症状を抑制するような対策を予め行っている人もいます。

 

通年制アレルギー性鼻炎

花粉症になったかな?と思っていても、実際はアレルゲンが花粉とは異なるケースもあります。屋内外のダニ、ほこり、ちり、ペットの毛などに対してアレルギー症状が引き起こされる場合で、目のかゆみ、喘息、皮膚炎などが引き起こされる性質があります。
アレルギー症状は人それぞれなので、1年中何かしらの植物にアレルギー反応が出る人もいれば、このようなダニやほこりにアレルギー反応が出る人もおり、なかなか区別が困難とも言えます。
詳しく対策を行いたければ、病院でアレルギー検査を受診して、何に対してアレルギー反応を生じるのかを検査しておくと良いです。
それがわかれば、それに適した処置が出来ます。

 

 

花粉症が増えた理由


花粉症が今のように一般化したのは、日本人の体が昔よりも弱くなったからだという話もあります。ですが、スギやヒノキの花粉の量が年々増加しているのです。とあるデータでは、過去20年の花粉の飛散量を比べてみると、ここ10年の花粉の量がそれよりも前より平均量が増えているそうです。
花粉の量が2倍にもなっていると聞けば、花粉症の症状に頭を抱えている人が増えていることも納得です。もとから花粉症と言う人も、これから症状が重くなるようになってしまいました。

 

夏の猛暑の影響でスギが成長

ここ最近の夏の猛暑は、世界的にも見ても異常だと言われています。スギ花粉はこれまでの年の熱の日射量に関係していると言われており、これまでのように日射量が厳しくなっているここ何年の環境から、スギ花粉の飛散量が増加しているのもうなずけます。
地球温暖化も、花粉症の人が増えている要因の一つでもあります。他にも、大気汚染も花粉症患者を増加させている要因でもあります。
大気中に汚染された微粒子が浮遊するっことで抗体が生じやすくなり、さらに花粉や汚染微粒子が侵入するような土地が少ないことも原因の一つです。
舗装されたコンクリートの道路が一般的になっている今、土地の地面が花粉を吸収しないまま、空中に浮遊しやすくなってしまうのです。

 

人の体の体質の変化

日本人の食生活は、昔と比べるとどんどん欧米化しています。
タンパク質や脂肪が豊富に含まれている食品を主に食べる人が増えており、加えて生活習慣が乱れていたりストレスを抱えている人が増えていることから、アレルギー体質の人が増加傾向になってしまったというわけです。
また、通気性の良くない環境に住んでいたり、オフィスなどのアレルゲンの芽となりやすい環境に居る事が多いので、花粉症に太刀打ちできない体に変わってしまったということです。

 

花粉症の原因


花粉症になってしまった人はとても多いですが、どうして花粉が人の体に対して反応してしまうのだろうと思いませんか?
花粉症のメカニズムについて、少しご説明します。

 

アレルギーは体が拒否している証拠

花粉症は、花粉が体内に侵入したり体に着くことによって刺激物が体を攻撃しているのだと思いがちです。

 

ですが、花粉そのものが悪いというわけではなく、実際は体の免疫システムが花粉に必要以上に反応してしまうのがアレルギー症状の原因です。
花粉を異物と見解したリンパ球は、花粉を除去するためにIgE抗体という名前の物質を作ろうと働きます。体の中で抗体が作られると、その後に花粉が体内に入ってこようとする際に鼻や目の粘膜にある細胞に存在している抗体と結束します。
これによって細胞からヒスタミンなどの化学物質が生じ、花粉を体外に排出しようとするため、それがアレルギー症状として出てくるのです。
即ち、花粉を体外に排出する作用が働くため、くしゃみや鼻水が出るというわけです。

 

花粉症になりやすい人・ならない人

花粉症になりやすいタイプの人は、花粉の量をたくさん吸ったか否かに関係するそうです。即ち、子供のころはなりにくい半面、大人は花粉症になりやすいと考えられています。
ある日突然花粉症になったと言う人も少なくはなく、自分は絶対に花粉症にはならないと言い切れないのが実際のところです。
花粉症とは縁がないと思わずに、もしかしたらいつかは自分も花粉症になるかもしれないと覚悟を持っているといいかもしれません。
実際に花粉症になってみると、症状が出るとどれだけ辛いかがよくわかります。防ぐことが重要なアレルギーなので、予め正確な知識で対策をしていれば、もしかかってしまったとしても症状が軽くて済むかもしれません。

 

花粉症の時期

花粉症対策は、一般的な注意でも可能です。シーズン中は天気予報でも花粉の飛散情報も教えてくれるので、気にすると良いでしょう。

 

花粉が飛び散りやすい日は注意

花粉の飛散情報ニュースからみてもわかりますが、お天気がいい日や曇りの日に、花粉の飛散量が増えます。他にも、気温が高かったり湿度が低い乾燥する日には、花粉が飛び散りやすいのです。他にも気温が高ったり、花粉が着きにくいような洋服を着るなど、自身で対策をしましょう。
前の日が雨だった日も注意が必要で、外出する際にはきちんと花粉対策をする事が重要です。マスク、帽子、眼鏡、花粉が着きにくいような服装にするなどの対策を行いましょう。
外から室内に入る際は、予め花粉を落としてから室内にはいるように心がけましょう。目では確認しにくい花粉ですが、手ではたいてみると落とすことが可能です。
この際に、花粉を吸い込んでしまわないよう、マスクは装着したままが良いです。花粉を落とした後は、早めに洗顔やうがいを行うと良いでしょう。

 

頻繁に掃除をし、布団を外に干すのをやめる

花粉が外を舞う日は、ドアや窓などの戸締りをきちんと行う事が重要です。他にも、少しの量の花粉でもアレルギー反応は出るので、出来るだけ頻繁に掃除をして、室内に入った花粉を取り除くことが大事です。
洗濯物も屋内で干す事も大事ですし、布団に至ってもシーズン中は外に干すのをやめましょう。就寝前は、シャワーや入浴などを行い、体に付着した花粉を落としてから就寝しましょう。
空気清浄機などを利用して空気をクリーンにしておけば、何もしないよりも症状が出にくくなるでしょう。花粉症の最中の普段の行動は厳しくなりますが、些細なことでも努力や工夫を行うだけでも、症状を和らげることは出来ます。

 

花粉症の症状

花粉症の症状は、人それぞれです。一般的な症状は、くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、目の赤み、涙などです。稀に、口が渇いたり喉の奥が痒くなったり、鼻のかゆみや皮膚のかゆみといった症状が出る人もいるのです。
こういった症状は人それぞれ異なり、いくつかの症状が一緒に出る人も居ます。悪化すると発熱したり、下痢を引き起こすような症状が出る人もいるそうです。

 

飛び散った花粉以外の被害とは

花粉症と言うと、普通は植物から飛び散った花粉が人の体に着いたり入り込むことによってアレルギー反応が出ます。
ですが、時にはある食べ物を食べたことによってアレルギー症状が出る人も居ます。アレルギー体質が重い人は、十分に気をつけましょう。
例えその食べ物を飲み込まなくても、少し口に触れたことによってかぶれが起きることもあり、洗うなどの対処をしても症状が引かない場合は病院で診てもらうようにしましょう。

 

通年制アレルギー性鼻炎の症状とは

ダニ、ほこり、ペットの毛などを媒介するアレルギー症状では、喘息が出たりアトピー性皮膚炎などを引き起こす可能性があります。
上記の症状はなかなか簡単には治らず、花粉のように季節ものではなく日常生活の中にアレルゲンに触れる危険性があるので、防ぎにくいのが難点です。
息苦しい感じがしたり、皮膚にかゆみが出て治まらないなどの症状から、これまでのように働けなくなったり、マスクが手放せない生活となってしまった人も居ます。
花粉症と通年性アレルギー性鼻炎を一緒に引き起こす人も多くいるため、花粉症になってしまったらその他のアレルギーを引き起こすかもしれないと覚えておき、防ぎながら健康的な毎日を送りましょう。

 

 

花粉症の種類

 

日本人の数多くの人が春先の花粉に症状が出るのは、スギやヒノキの花粉症です。日本には、これ以外にも60種にもなる花粉症を発症させる植物が存在すると言われています。
スギやヒノキの花粉の季節が終わったと思ったのに、花粉症の症状が終わらないような時は、その他の植物が原因で花粉症の症状が出ているのかもしれません。

 

シラカンバによる花粉症とは

北海道には花粉症が無いという話を聞いたことがあるかたもいるかもしれませんが、それは違います。他にも、スギやヒノキの代わりになるような恐ろしい植物も存在ます。それが、シラカンバです。4月中ごろから6月初め頃が花粉が飛び散る時期で、症状なくしゃみ、鼻水、目のかゆみが一般的です。
他にも、2、3割の人は口腔アレルギー反応が見られることもあります。シラカンバによって花粉症になっている人が、特定のフルーツを口にした際に、口の中にかゆみが生じたり腫れが生じるのが口腔アレルギーです。
これは、その特定のフルーツが持っているたんぱく成分が、シラカンバの花粉と非常に類似しているために反応が出るそうです。
リンゴ、もも、さくらんぼ、キウイ、カキなどがそうです。気をつけましょう。

 

草が原因の花粉粗油

イネ科やキク科、ブタクサに属する草にも、花粉症の原因のアレルゲンがあります。よもぎのように、とても広範囲で身近に生息している植物なので、これが原因で花粉症になっている人も多いかと思います。
スギやヒノキの季節が終わったあたりから秋にかけて花粉が飛び散りますが、多くの場合は植物が無ければ症状は出ないと考えられています。
日本ではスギやヒノキの木が花粉症の主な原因で、欧米では草が原因の花粉症のほうが多いと言われているほどです。

 

花粉症の影響

 

花粉症がしんどくて、症状が出る前に病院で対策を行う人が増加傾向になるほど、日常生活に影響が出ることもあります。
症状の程度は人それぞれですが、症状が重い人は仕事に支障が出る程に辛くなりということもあります。くしゃにや鼻水、目のかゆみが慢性的に出るようになり、日常生活に支障をきたすことになります。

 

集中力が欠けると言う人が7割以上

花粉症の症状が出てきたことから、仕事、家事、勉強に集中できないと言う人が、全体の7割を超える程と言われています。
多くの人が仕事や家事、勉強や育児を主に生活している中で、これらに集中できないと厄介です。仕事中も仕事にならず仕事への関心が減ってしまう人もいるため、花粉症がどれだけ問題なのかがわかります。
花粉症の症状のくしゃみや鼻水、目のかゆみも、絶えずまとわりつくのがストレスと感じます。頭痛などを併発することもあり、何かを深く考えられなくなることもあります。

 

外出がおっくうになる

花粉は外で飛び散っているため、花粉の季節は花粉を理由に外出することを控える人も少なくはなりません。洋服などに着いた花粉を室内に持ってきてしまい、アレルギー症状が出ることもありので、洗濯物を外に干せなくなると言うこともあります。
他にも、くしゃみや鼻水が酷いので、周囲との会話にも問題が生じることも少なくはないそうです。周りの人も花粉症が多いのに、マスクをしたり常にくしゃみをしていることによって、人が多い場所や電車内で周りの目が気になってしまうという事もあるそうです。
様々な問題からストレスが溜まり、イライラしてしまうという人も少なくはないでしょう。

 

 

 


トップへ戻る